お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0595-65-1185
トップページ > クレーン部 

クレーン部 安全大会 平成20年度Crane

平成20年度 安全大会開催の内容を掲載しています。

クレーン部 MENU > 事業内容 安全大会 H21 安全大会 H20 工事例紹介 性能表

武道交流館いきいき (名張市蔵持町)

開催日時 : 平成20年9月30日(火) クレーンの日  午後7時~午後9時

開催場所 : 武道交流館いきいき (名張市蔵持町)

テ ー マ : 『初心に返り今一度、安全作業について考える』

『現場でのコミュニケーションで、より良い作業環境をつくる』

現場での対応シミュレーション

現場で接する現場監督さんや職人さんとの会話の中で、オペレータはどのようにコミュニケーションし、安全な作業環境を作ることが出来るか?
出題された課題をオペレータが即興で演じました。


安全大会1


初めての現場で、「朝礼は出なくていいから、ここにセットしておいて」
「この荷物、あそこまで行けるやろ?」
「ワイヤー貸して」などの問いかけに、オペレータが答えます。


安全大会2


「私なら、こう対処している。」「じゃあ、こんな場合は?」「今の応対は良かった!」
と、活発に意見が出されました。

ページトップへ戻る

ビデオ鑑賞「平成若者仕事図鑑」

今年4月にNHKで放送された「平成若者仕事図鑑」目指せ!吊り上げNo.1~クレーン運転士のビデオを鑑賞しました。

京都にあるクレーン会社“㈱日本サルベージ”に勤める新人オペレーターの作業風景や練習風景を取材した内容です。

この放送を見て、自分がクレーン免許を取った頃を思い出し、初心に返ることによって安全作業に徹する意識を高めることが出来ました。


株式会社日本サルベージ

㈱日本サルベージ 様
快くDVDを送って下さり、ありがとうございました!

ページトップへ戻る

オペレーター感想

安全大会3

◆今年の安全大会は、オペレーターが安全について発言できる良い機会 になったと思います。

◆講話などの一方的なものではなく、全員参加型の充実した内容であったと思います。

◆現場シミュレーションで時間が余ったらどう進行しようかと心配だったが 活発な意見が出てスケジュールをオーバーしてしまいました。

◆現場でどんな対処をするべきか、会社側の要望や意向をもっと聞きたいと思いました。

◆明日からの作業に活かすことができ、きっちりとした対応が安全に繋がる!と感じました

◆新人オペレーターのビデオを見て、初心に返って日々精進しなければと感じました。

◆何をオペに求めたかったか、わからなかった。また、その事に対して会社がどうしてほしいか分からなかった。

ページトップへ戻る

社長からのメッセージ

労働災害は、オペレーターの経験年数やスキルに関係なく、些細な気のゆるみ、現場の状況や相番者、様々な要因が重なって発生すると考えます。
クレーンオペレーターは常に細心の注意をはらい、作業に臨まなければなりません。

今回の安全大会は、「初心者の慎重さから見つけられる危険」「熟練者の慣れで見逃す危険」を再確認する良い機会になればと思います。

感想の中に、「何をオペに求めたかったか分からない…」というコメントがありますが、極論「安全」以外、何があるのでしょうか。常に「何かを得よう、向上しよう」という気持ちを持っていなければ進歩は無いと思います。

「安全大会」という貴重な時間の中で、自分に課せられた責任の重大性と仕事への誇りを感じ、今後の作業に活かせることを期待します。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2014 株式会社ワカマツ All Rights Reserved.